クロムハーツ

今すぐお金が欲しい……。そんな状況に陥ってしまったら、身の回りにある高価な宝石を買取に出しましょう!

 

ずっと引き出しの奥に眠ったままになっているジュエリーはありませんか?

クロム2

 

いまや忘れ去られているジュエリーがあるのなら、高値で売れそうなものを買取に出してみましょう。

 

高値で売れるジュエリーに、クロムハーツがあります。クロムハーツは世界に名を知らしめる高級ジュエリーブランド。

 

若いころ一目ぼれして購入したクロムハーツのジュエリー。昔、恋人から送られたクロムハーツのジュエリー。

 

……買ったはいいけれど身に付けるタイミングもなく眠ったままになっているジュエリーはありませんか?

 

手放すのは惜しい気持ちもありますが、使っていないのならそれこそ宝の持ち腐れです。

 

買取に出せば、今必要なお金が手に入ります(^O^)/

 

思い出はしっかりと心に残し、さっそくジュエリーをお金に交換してみてはいかがでしょうか?

 

さて、ここでは、クロムハーツの人気のジュエリーや高く売れそうなジュエリー、その特徴やブランドの歴史についてみていきましょう。

 

ここで豆知識を身に付けて、高価格な買取につなげましょう♪

 

 

クロムハーツの基礎知識について

クロムハーツは、アメリカのニューヨーク州生まれのリチャード・スタークによって設立された高級ジュエリーブランドです。

 

設立年は1988年で、主力商品は925シルバーアクセサリーです。

 

その他、22Kイエローゴールド、18Kホワイトゴールド、さらには最高級品質の革製品なども取り扱っています。

 

クロムハーツの製品は、1点1点が手作り加工です☆人の手により、ひとつひとつ時間をかけて丁寧に仕上げられています。

 

そのため生産数が少なく、たいへん希少。そのうえ世界的に有名で人気があります。これは価格も高くなるわけです。

クロム2

 

クロムハーツのすべての商品はハリウッドで製造されています。ハリウッドといえば映画商業の中心地。

 

クロムハーツは実際にハリウッドの映画スターやトップミュージシャンなども愛用しているジュエリーなのですよ。

 

ハリウッドとクロムハーツ……、イメージが重なりますね(^_-)-☆

 

クロムハーツは1992年に、アメリカ・ファッション・デザイナーズ協会のアクセサリー部門最優秀賞を受賞しました。

 

その品質、デザイン性ともに世界に認められる、高級ジュエリーブランドです♪

 

 

クロムハーツの始まりと発展

クロムハーツの創始者リチャード・タスクは、1960年ニューヨーク州生まれです。

 

彼はもとはと言えば、大工の見習いとして建築会社にいました。

 

その建築会社では、建築のほかにも皮革製品の輸入業を行っていました。

 

そこで皮革製品と触れ合い、皮革製品に惹かれていった彼は、いつしか大工になることをやめて皮革製品を取り扱う道を選ぶようになったのです。

 

皮革製品のセールスに転身したリチャードは、皮革製品と趣味のバイクを掛け合わせ、バイク用皮革ファッションのビジネスを始めることにします。

 

彼は気の合う友人と共同ビジネスを始め、自分たちが着たいバイク用皮革ファッションを追求していきます。

 

ところで、ここからどのようにして、現在の高級ジュエリーブランドクロムハーツが生まれたのか不思議になりますね。

 

当時、彼らのビジネスの中で、シルバーアクセサリーはバイク用皮革製品のボタンやファスナーなどに取りいれられていた程度のものでした。

 

しかし、彼らの生み出す製品のファッション性が注目を集め、広告など出すに至らず、バイク好きの間で有名になっていったのです!

 

現在では、ファスナーやボタン部分にとどまらず、ペンダントやブレスレット、ネックレス、指輪、眼鏡など、バリエーションも多くなっています。

クロム

 

一つ一つ手作り加工な上に市場人気が高いため、簡単には手に入らない高価なブランドとして知られるようになっていきました。

 

日本においては、東京、大阪、名古屋、福岡、神戸にクロムハーツの直営店があります。

 

テレビで見かける有名な芸能人も愛用していることもあり、日本においてもクロムハーツは絶大な人気を誇っています☆

 

もしもお手元に眠っているクロムハーツのジュエリーがあるなら、中古であっても関係なく、高値で売却できるはずですよ!

 

クロムハーツの人気商品は?

クロムハーツの顔と言っても過言ではないアイテム、それはCHクロスペンダントではないでしょうか?

 

クロスペンダントの中にはCHクロス以外にもいろいろなデザインがあり、どれも人気ですよ(^O^)/

 

たとえばダブルCHクロス、フィリグリークロス、クリンプトCHクロス、ケルティッククロス、フレームドクロスなどです。

 

デザインのバリエーションだけでなく、サイズ感もさまざまなので選びがいがありますよ!

 

身に着け方で印象が変わるのも、クロムハーツのクロスペンダントならではの魅力です。

 

チェーンを短くしてクロスがのど元にくるように身に付ければ、ドレッシーなファッションにもよく似合います。

 

太くて目立つペーパーチェーンをつけ、長めに身に付ければヒップホップスタイルに。

 

コーディネート次第でクロスペンダントがちがった形で生きてきますよ(=゚ω゚)ノ

 

クロムハーツのクロスペンダントは、身に着け方次第でカジュアルにもドレッシーにもなる、さらにはスーツやジャケットにも似合ってしまう不思議なアクセサリーなのです。

 

クロスペンダント以外にも、BSフレアペンダント(ネックレス)、ダガーペンダント(ネックレス)なども売れ筋ですね。

 

 

クロムハーツのレアなアイテム

レア商品は買取のさいに高値がつく傾向にあります。

 

クロムハーツはそもそも生産数が少ないので希少価値が高く、買取では有利ですよ。そんなクロムハーツの中でもレアな商品は・・・

 

ピラミッドスタッズ長財布、アリゲーターREC-Fジップ財布、ウェーブをレット財布などがレアです。

 

クロムハーツのアイテムは、ゴツくてカッコいい、ワイルドなイメージのものが多いですが、レア商品はあまりクロムハーツらしくないものが多い気がします。

 

 

クロムハーツのアイテムを高く売るために

クロムハーツのような最高級ジュエリーブランドの商品は、買取のときにギャランティがあると有利ですよ。

 

ギャランティとは、それが本物であることを証明する付属カード。同じことを意味するタグが取り付けられていることもあります。

 

クロムハーツのような、誰もが憧れるハイブランドの商品は欲しい人が多いので、そこをついて贋作も存在するのです。

 

ですから、商品が本物であることを証明できれば疑われることもなく、買取がスムーズにいきます☆

 

ギャランティは捨ててしまわず取っておきましょう!

 

とはいっても、まさか買取に出すなんて思っていなかったからギャランティなんてとっくに捨ててしまった……、という方もおられるでしょう。

 

そんな場合にも、諦める必要はありません!

 

ギャランティなしで高額買取してもらえる可能性もあるので、諦めずに買取査定に出してみましょう。

 

また、正規店で購入したものならインヴォイスが付いてきます。インヴォイスとは、いわばレシートのようなもの。

 

どこの店でいつ購入したものなのか分かるので、本物であることをしっかりと証明できます。それも捨てずにとっておきましょう(^O^)/

 

さらに、保存袋のような付属品もとっておきましょう。

 

買取のときにすべてそろっていれば、たとえ使用済みのものだったとしても高額買取が期待できるでしょう。

 

 

シルバーのアイテムは、買取に出す前に磨くべき?

シルバーのアイテムは、買取に出す前に磨くべきか悩みますよね。

 

一般的にシルバーのアイテムは、磨いて新品のような状態にした方がいいように思われます。

 

でも、クロムハーツに関してはそういうわけでもないようです(`・ω・´)

 

クロムハーツのシルバーアイテムは、あまりにもピカピカに磨いてしまうと偽物っぽく見えるので返って逆効果になることも。

 

少し傷がついていたりくすんだりしているくらいの方が味わい深く、カッコいいという意見もあります。

 

クロムハーツのペンダントに関しては、磨かずそのまま買取に出してもいいでしょう!