高価買取してもらうコツ

不要になった品物は、リサイクルショップや買取業者などに持ち込めば買い取ってもらうことができます。

 

しかし、すべてのものがお金になるとは限りません。また、査定額もお店によって異なることがあります。

 

せっかく売却するのであれば、少しでも高額査定をしてもらいたいものです。そのためにはコツがあります。高価買取をしてもらうには、どういった点に注意すればよいでしょうか?

 

お店の得意分野を把握する

リサイクルショップはさまざまな商品を取り扱っています。しかし、ブランド品や宝石、ジュエリー、時計などのような専門知識が必要な場合、査定額が低くなってしまうことがあります。

 

特に宝石などは本物かどうかを見極めるだけではなく、カラットなどのクオリティを鑑定するのは、鑑定士の資格が必要です。それによって査定額が変わってきます。

 

しかし、リサイクルショップには宝石の鑑定士がいることはほとんどありません。

 

スタッフはマニュアルだけで査定をしなければならず、自信を持って査定をすることができないのです。そのため、高く売れるかどうか分からない場合、査定額は低くなってしまいます。

 

また、お店にとって持ち込んだ商品の需要がどれくらいあるか?という点も重要です。売れない商品は買い取っても無駄になります。そのため査定額は低くなります。商品によって、持ち込むお店を選ぶことも、高く売るコツになります。

 

買取業者の選び方のコツ

それなら買取業者であればどこで買い取ってもらっても査定額は同じか?というとそうではありません。買取業者においても、査定額に違いが出てきます。高く買い取ってくれる買取業者を選ぶには、次のような点をチェックしましょう。

 

一つは回転率のいいお店です。回転率がいいというのは、買い取った商品を在庫を抱えることなく売却できるお店です。

 

そのためには、売却できる販路が多いお店です。国内だけではなく国外への販路も充実しているお店であれば、すぐに売却することができます。

 

そのため、利益率が低くてもたくさんの商品を買い取ることができるため査定額も高くなるのです。

 

高く買い取ってくれるお店はリピーターも多いため、お客様も増え、さらに高価買取が可能になります。販売経路が少ないと、商品を他の業者に依頼して販売することになるので、査定額に影響が出てしまいます。

 

また、どのような買取実績があるか?という点もチェックすることが大事です。持ち込もうとしている商品がどれくらいの査定額になるか?という参考にもなりますので、そのお店の実績をチェックしましょう。

 

ライバルの買取業者が密集している地域を選ぶのも、高価買取のコツです。地方などでは1件しか買取業者がない場合、どうしてもそこで売ることになり、査定額が低くても売却してしまうことが多いです。

 

しかし、近所に買取業者がたくさんあると、自然と競争になりますので、少しでも高い査定をつけることになります。特にどうしても欲しいレア商品や人気ブランド商品などは、他のお店で売ってほしくないため、査定額も高くなります。

 

フランチャイズ店は販路も多いのでは?と考えがちですが、売上の中からFC加盟料や本部への上納金を出さなければならず、買取金額を高くすることができないことが多いです。

 

フランチャイズ店は専門知識を持っている人が運営しているとは限らず、知識もないため自信を持って査定をすることができずに、査定額が低くなる傾向にあります。
おススメなのが宅配買取専門と言われています。店舗を持たないため、その分の費用が削減できることや、接客時間がないので時間の制約がなく、ストレスもないためスムーズに査定をしてもらうことができます。

 

コストがかからない分、査定額も高くなるのです。

 

ブランド品などは地域によって査定額に差が出ることが多いです。また、鑑定士の鑑定力によっても査定額は異なります。そのため、1社だけの査定で売却してしまうのは危険です。

 

複数のお店で見積もりを取ったうえで、他のお店ではこれくらいの査定額でした、と伝えると査定額がアップすることもあります。交渉をすることも査定額をアップするコツになります。

 

売却する前に商品をキレイにしておく

高額買取が期待できるブランド品でも、状態が悪いと査定額が低くなってしまいます。できるだけキレイにして持ち込む方が査定額は高くなります。

 

洋服の場合は、シミや汚れがないかをチェックし、あった場合はクリーニングに出すなどしてキレイにしおきましょう。ニオイにも注意が必要です。タバコのにおいなどは防臭剤と一緒に保管しておくようにしましょう。

 

シワなども取って、新品同様にして持っていく方がいいです。

 

バッグなどは汚れは拭いておきましょう。やわらかい布で拭くだけでもキレイになります。汚れが落ちないからといって乱暴に扱うと傷になってしまうこともあるので、注意しながらお手入れをすることも大事です。

 

ブランド

色が落ちているからといって、自分で色を塗ったりすると買取してもらえないこともあるので控えましょう。

 

バッグは型崩れしやすい品物なので、保管する際には中に詰め物をして、通気性のよい場所に保管するようにしましょう。革製品は革の種類に合った手入れをしておくことが大事です。

 

腕時計は腕周りのサイズも査定に響くので、外したベルトのコマは捨てずに取っておくといいでしょう。証明書や保証書なども持参すると査定が高くなります。

 

ファッションは流行がありますので、1〜2年経ってしまうと査定額は低くなります。買ってからすぐに手放した方がいい、と判断した場合はできるだけ早めに買い取ってもらうようにしましょう。

 

ただし、ブランド品によっては流行に関係なく高額査定をしてもらえることもありますので、実績を確認するといいでしょう。ジュエリーにおいても限定品は人気があるうちは高価買取が期待できますが、人気がなくなると相場が下がる傾向にあります。

 

人気のあるうちに売ることが、高額買取のコツです。

 

また、洋服や靴などのファッションは季節にも配慮しましょう。

 

夏に冬の服を持っていってもすぐには売れないので、査定額は低くなります。春の服は春に、夏のものは夏に、売るといいでしょう。保存箱やタグ、保証書、鑑定書などは一緒に持っていくことも大事です。

 

また、毛皮については保管の状態は重要です。カビが生えていたり、ニオイが付いてしまうと買取してもらえなかったり、査定額が低くなってしまいます。

 

買取をしてもらう前に、ニオイやカビをチェックして風通しのいい場所において、ニオイを取るようにしましょう。

 

ブランド食器は未使用のものが高額査定になります。使用したことがあるものであれば、キレイに洗い新品同様にしておきましょう。箱があれば必ず一緒に持っていきましょう。

 

ペアやセットの方が査定額が高くなることが多いです。ヒビが入っていたり、傷がついていたりすると査定額が低くなってしまうので、梱包したり、持参したりする際には十分に注意しましょう。

 

マイセンやバカラ、ウェッジウッド、ロイヤルコペンハーゲンなどのブランド品は高価買取が期待できます。

 

少しでも高く売りたいという場合は、持っていくお店の種類や実績などを確認し、適したお店で査定をしてもらいましょう。1社ではなく複数のお店で見積もりを取ることも必要です。

 

買取をしてもらう商品はできるだけきれいにいして、新品同様にすること、箱や保証書などの附属品もあると査定額が高くなることが多いです。