おすすめの時期

売りたくなったらすぐ売ればいい、と思っている人も多いでしょう。もちろん、問題がなく、金額がつくものであれば、いつ売却しても買い取ってもらうことはできます。

 

買取業者やリサイクルショップは1年中開店していますので、売りたい時にいつでも売ることができます。しかし、商品の中には売る時期によって査定額に違いが出るものがあります。

 

洋服は買取時期によって査定額が異なる

時計やアクセサリー、バッグなどと違い、洋服は季節によって需要が変わります。

 

買取側は需要が高いものは査定額を高くし、需要が低いものには査定額も低くつける、のが基本ですから、洋服の需要を考えて売却をするのがお勧めです。

 

では、夏用の服は夏に、冬用の服は冬に売るのがベスト、と考える人もいるでしょう。

 

それも間違いではないのですが、需要が高まる少し前に売りに出すのが最も査定額が高くつくと言われています。それは、夏用の服を欲しがる少し前に、夏用の服をそろえておく、というのがお店側の希望なのです。

 

真夏に夏用の服を出すと、売れ残りが出てしまう可能性もあります。そうなる前に夏用の服はすべて売り切ってしまいたいと考えるのです。そのため、夏用の服は夏が始まる少し前にそろえておきたいのです。

 

売る方としては不要になる時期、夏服であれば夏が終わってから、冬服であれば冬が終わってから売りたいと考えるでしょう。

 

しかし、その時期は需要も低くなるため査定額も低くなるということです。在庫も抱えなければならないので、査定も低くなる可能性が高いです。

 

よって、洋服の場合、売却にお勧めなのは、春物は2〜3月、夏物は5〜6月、秋物は8月、冬物は10〜11月頃です。高く売れるタイミングを待って売却するといいでしょう。

 

バッグに関しては1年を通して使えるものであれば、季節に関係なく安定した買取額になりますが、季節によっては使わないものもあります。

 

例えば、毛皮がファー素材のバッグは冬にしか使わないものです。また、パルテルカラーやメッシュ素材のものは春や夏に使うことが多いでしょう。

 

このように明らかに季節によって使う、使わない、という違いがあるバッグは買取時期にも注意が必要です。夏に使うものは初夏に、冬に使うものは夏の終わりか秋頃に売るのがお勧めです。

 

本やDVD、ゲームソフトを売るのにお勧めの時期は?

洋服は季節によって需要が異なるので、高く売れる時期があるのは分かりますが、本やDVDは季節には関係ありません。本やDVD、ゲームソフトはいつ売っても査定額は変わらないのでしょうか?

 

本やDVDなどは季節には関係ありませんが、高く売りたい場合は、発売当日がお勧めと言われています。

 

ほとんどの商品は発売されてから時間が経つほど査定額は低くなるとされています。

 

希少価値のあるものや、プレミア商品でない限り、売る時期を待った方が価値が高くなる、ということはありません。

 

プレミア価値がつくものというのは、キャンペーンやイベントの商品や株主優待などで少量しか出回らないものなどの非売品、数量限定商品などです。

 

これ以外の商品は発売当日に最高値がつき、それ以降、買取金額は下がっていきます。

 

また、お店に在庫が増えるほど、買取金額は下がっていきます。人気のある商品で多くの人が購入するようなものは、売却する人数も多くなるので、周りが売る前にできるだけ早く売った方が、高い金額で売れるでしょう。

 

新作のゲームソフトなどは1日売るのが遅くなるだけで、300〜500円も買取価格が変わることも珍しくありません。買取ショップでは、新しい商品は高価買取リストに掲載していますのでそれを目安に売るといいでしょう。

 

流行遅れにならないうちに買い取ってもらうことが大事

ブランド品は流行に大きく影響されます。ノーブランドよりもブランド品の方が高額査定になるとは言い切れません。

 

ノーブランドでも定番の人気商品は安定した査定で買い取ってもらえる可能性が高いですが、ブランド品は流行に左右されます。多くの人がより新しいものを欲しがるからです。

 

そのため、流行が過ぎたブランド品は査定額が低くなります。トレンド性の高い服などは3〜4年も経つと、流行遅れになってしまうので査定額は低くなります。

 

ただし、限定所品やヴィンテージモデルなどは、高価買取の対象となることもあります。

 

定番アイテムであれば、時期によって査定額が急激に下がるということもありません。注意したいのは、流行の洋服などです。流行で購入したものを売る時期は、できるだけ早い方がいいでしょう。

 

また、話題性のある商品も高価買取が期待できます。海外の有名女優やセレブが着用していた服やバッグ、ジュエリーなどは高額で買取してもらえることが多いです。

 

有名なはいブランドでなくても大きな話題となれば、人気が出て需要が高まるので査定額も高くなります。話題がなくなる前に買い取ってもらいましょう。

 

キャンペーンの時期を利用する

世の中ではさまざまなキャンペーンが開催されていますが、買取市場においてもキャンペーンを行っていることがあります。お店側が特にその時期に欲しいアイテムをたくさんほしいため、買取金額を通常よりも高くするのです。

 

全体的にアップするということもありますが、特定の商品に関して買取額を上げるということもあります。20%買取額アップ、ということもあります。

 

高級ブランド品などは買取金額が3〜5万円、10万円などといった高額になることもあります。

 

その上、キャンペーンで20%アップとなると、かなり高額で買い取ってもらえることになります。キャンペーンはいつ開催されるかは分からないことが多いので、サイトなどをこまめにチェックしておくといいでしょう。

 

金やプラチナも売るタイミングがある?

金やプラチナは季節によって買取金額が変わる、ということはありません。流行もないので、古いから査定額が下がる、ということもありません。

 

しかし、売るタイミングによって買取額は変わります。特に金やプラチナは日によって相場が変化しています。買取業者はそれ基づき、買取相場を変えていることが多いのです。

 

業者によっては、1日のうちでも買取相場を変えている場合もありますので、相場をチェックして高額で買い取ってもらえるタイミングをねらうといいでしょう。

 

また、宝石は金やプラチナと違い、時間が経過するほど価値が下がってしまう場合が多いです。昔は高額で購入した宝石でも、時間が経っていると査定額は驚くほど下がってしまうことがあります。

 

宝石も売るなら早く売った方が査定額は高くなります。ただし、ダイヤモンドの場合は、比較的相場が決まっているので、購入時期に関係なく高い査定額が出ることが多いです。

 

「もう、自分には必要ない」と思ったらすぐにでも売ってしまいたい、と思うものです。

 

また引越しや大掃除などをしてさまざまな不要なものが出てくれば、家に置いておくより売却してスッキリしたい、と思うものです。

 

しかし、売る物によっては季節やタイミングによって査定額に影響するのです。特に洋服の場合は、需要がある時期とない時期がはっきししていますので、需要のない時期に売却しても査定額は低くなることが多いです。

 

服やバッグは需要が高まる少し前に売ることです。高値で売りたい場合は、売る時期には注意しましょう。

 

また、ブランド品は特に流行や話題性に影響を受けやすいので、できるだけ早めに売却する方が、高額買取が期待できるでしょう。