シャネル(CHANEL)

知らない人はいないと言っても過言ではないほど有名なシャネル。世界的にも名をはせているハイブランドです。

シャネル

 

使っていないシャネルの商品が自宅に眠っているなら、さっそく買取に出してお金に換え、有意義に使いましょう♪

 

ハイブランドとして有名なシャネルの商品は、多少傷みが出ていても価値があるはず。

 

高値で買い取りに出せる可能性が大きいですよ(^^)/

 

さて、ここではシャネルの歴史や特徴、人気商品、シャネルを少しでも高く売る方法などに迫ってみます。

 

シャネルについての豆知識を、高値での買取に生かしましょう!

 

 

シャネルについての基本知識

シャネルはレディース商品を中心としたファッションブランドです。

 

洋服、宝飾品、時計、化粧品、香水など、扱っている分野は幅広く、世界中の人に愛されているハイブランドです。

 

特に、シャネルの香水5は世界で最も有名、且つ、最もよく売れている香水として知られています。

 

「有名だから」という理由で購入する人も後を絶ちません。世界で最も有名な香水とは、いったいどんな香りなのか気になりますね。

 

できる限り言葉で表現するなら、”濃厚な石けんの香り”といったところです。甘くはなく、大人の香りという表現がよく似合います。

 

売り場で見かけたら、人生経験のひとつとして香りを嗅いでみる価値はあるのではないでしょうか?

 

シャネル5はその豊かな香りもさることながら、香水ボトルもオシャレなので部屋のインテリアとしても活躍しています。

 

 

シャネルの発足と歴史について

ブランド「シャネル」の創始者は、フランスの女性ココ・シャネル。

 

設立年は1909年で、発足当時は帽子専門店としてパリの一角に建っていました。

 

3年後にフランスのリゾート地にモードブティックを開店、さらに2年後に「メゾン・ド・クチュール」をオープンしました。シャネルが勢いをつけるきっかけになったのはこの辺でしょう。

 

シャネルがオートクチュール、つまり、パリの高級仕立服を専門に扱うデザイナーとして活動するようになり、1916年に発表した第1回シャネル・オートクチュール・コレクションに出展したジャージ素材を取り入れたドレスが人々の注目を集めました。

 

その後もシャネルは次々と新作を発表し、フランスのファッションの歴史に大きな影響を与えていきました。

 

当時黒いドレスといえば喪服用途でしかありませんでしたが、オシャレに着こなせるドレスへとイメージを変えたのもシャネルの仕業なのですよ。

 

当時新発想だった、ジャージ素材やツイード素材を取り入れたスーツなども注目を集めました。

 

先ほど触れたシャネルの香水が世の中に出回るようになったのは1921年です。

 

調香師エルネスト・ボーによって調香され、シャネル5として5月5日に発売開始されました。

 

その後、二度の世界大戦を経って、シャネルも店によっては閉店が余儀なくされることもありましたが、戦後からは復帰し、現在に至るまで発展を続けてきました。

 

 

シャネルの日本における発展

そんなシャネルが日本にやってきたのは1994年のことです。

 

銀座並木通りにシャネルブティックを開店し、次いで大阪市に、2001年には東京表参道店が開店しました。

シャネル2

 

2004年には銀座シャネルビルがオープンし、シャネルの旗艦店として知られています。

 

シャネルの世界観を満喫したいなら、銀座シャネルビルに足を運んでみてはいかがでしょう?

 

シャネルの香水の香りがフロア全体に香り、気分はまるでフランスの貴婦人。優雅な休日が過ごせます♪

 

扱っている分野は、ファッション、コスメ・香水、ジュエリー・時計などですよ。

 

 

シャネルの特徴とは?

シャネルは働く自立した女性のためのファッションブランド。デザインには気品や気高さ、上品さが溢れています。

 

洋服や財布、バッグなどのアイテムは、ハイブランドにふさわしい縫製の質の高さが見られます(^_-)-☆

 

そのため、何年使っても傷みやほつれが出にくく、ずっと使える良さがあります。

 

シャネルのアイテムの代表的な素材の中から4つとりあげてみます。

 

それぞれにメリット・デメリットがあるので、買取に出すかどうか決める上で参考になるかもしれません!

 

お手元にシャネルのアイテムがあるのなら、素材のメリット、デメリットを知った上で買取に出すかどうか決めましょう。

 

キャビアスキン

細かいドットの型押しが施された牛革素材。

 

見たところキャビアに似ているので、キャビアスキンと呼ばれるようになりました。

 

表面がもともとザラついたデザインなので、キズが付きにくく、目立ちにくいというメリットがあります。

 

バッグや財布など、普段使いに便利なアイテムに多く使用されています。

 

ラムスキン

羊革の中でも高級なラムスキンを、シャネル独自の製法でなめすことで、柔らかさと繊細さが際立った仕上がりになりました。

 

表面が滑らかで手触りが良い反面、キズが付きやすいという難点もあります。

 

ラムスキンのアイテムは大切に扱いましょう(^^)/

 

エナメル

高級な牛革にエナメル加工が施されたもの。マットな質感で表面には光沢があり、エレガントな雰囲気を持っています。

 

この素材で作られたバッグは使い勝手がよく、人気があります。

 

難点を挙げるとすれば、直射日光や熱に弱いということ。

 

素材の特徴上日焼けしやすいので、屋外での使用時間が長い場合、向いていないかもしれません。

 

ナイロンジャガード

ナイロン素材のジャガード生地。大変軽く、丈夫で破れにくく、比較的リーズナブルです。

 

素材の特性上、収納もしやすく使い勝手が良いのでトラベルラインでよく使用される素材です。

 

ベージュや薄いピンクなど、女性に好まれるカラーが多いというのも人気の理由。

 

 

シャネルの人気商品は?

ハイブランドとして有名なシャネルの商品は、全般に人気があり、高価格での買取が期待できます。

 

デイリー使いに便利なバッグは買い手も多く、保管状態次第で高値になるでしょう(^_-)-☆

 

バッグはいくつあってもいい、と考える女性が多いのも、その理由のひとつ。

 

その他、先ほども触れたようにシャネルの香水は世界的にも有名で、世界で最もよく売れている香水として知られています。

 

そんなシャネルの香水は、たとえ使いかけであっても買取が可能!

 

もしもお手元にシャネルの5があるのなら、眠らせておかないで買取に出してみるのはどうでしょう?

 

 

シャネルを少しでも高く売る方法は?

シャネルのアイテムを買取に出すときには、できるだけ新品に近い状態で出すことが大事です。

 

購入時に付いてきた保証書があれば、それも一緒に出しましょう。

 

また、小物アイテムなど、購入時には保存袋が付いてくるもの。大切にとっておいて、買取時にいっしょに出しましょう!

 

買取は一般的に、商品の状態が良ければ良いほど高値が付きます。買取に出す時期は早ければ早いほどいいでしょう。

 

洋服やバッグなどは、使わなければ新品の状態が維持できるのかというとそうでもありません。

 

湿気やほこりは大敵ですので、年々傷みが出てしまうのです。

 

ですから、シャネルの商品を買取に出すなら、できるだけ早い方がいいのですよ(^O^)/

 

いかがだったでしょうか?シャネルについての豆知識を身に付けることができたでしょうか?

 

これまで家に眠っていたシャネルのアイテム。その価値を改めて実感し、これからは大いに活用しよう!と思われた方も多いかもしれません。

 

一方で、やっぱり買取に出そう!と決意された方も多いのでは?

 

そう、シャネルの商品は世界中で愛されています。あなたのお手元にあるシャネルの商品を欲しいと思っている人がいるはず。

 

買取に出したら、高値で売れる可能性は高いです。

 

シャネルのアイテムをお金に換えれば、もっと有意義に使えるのでは?