エルメス

バッグや財布、スカーフなどのファッションアイテムで人気のエルメス。人気の高いブランドなので、プレゼントとしても好まれます。

 

もしかしたら、もらったけれど使わずにクローゼットにほったらかしになっているエルメスのアイテムがあるかもしれません。

 

それなら、買取に出してお金にしましょう。買取に出すなら、できるだけ早い方がいいでしょう。商品は、新品に近い状態の方が高く売れるからです。

 

さて、エルメスのアイテムを買取に出す前に、エルメスについての基礎知識、また、エルメスの人気商品について知っておきましょう。

 

人気の商品は買取でも高めの値段がつくはずですよ('ω')ノ

 

 

エルメスの始まりと発展について

ファッションブランドとして有名なエルメス。その歴史は1837年にさかのぼります。

 

もとはといえば、1801年生まれのティエリー・エルメスが1837年にパリに開いた馬具工房が始まりでした。

 

当時、移動手段と言えば馬車が主流だったので、馬具工房はとても忙しく、事業は繁盛していました。

 

しかし、自動車が出始めたので事業の方向性を変え、馬具だけでなくカバンや財布などの皮革製品の販売を始めます。現

 

在でもエルメスのロゴにデュック(四輪馬車)とタイガー(従者)が描かれているのはその名残なのですよ!

 

ちなみに、ロゴに馬車と従者は描かれているのに主人が描かれていないのには理由があったのをご存じでしょうか?

 

それは、「エルメスは最高の馬車を用意するが、それを御すのはあなたご自身です」というメッセージなのだそう。

 

える

お客様を大切に考えた、エルメスらしいすてきな発想ですね。

 

エルメスが日本に入ってきたのは1960年代初め。銀座のセレクトショップサン・モトヤマにて輸入が行われていました。

 

しかし、直営店ができたのは1978年になってからです。東京丸の内にブティックがオープンしました。

 

それ以降、エルメスの直営店は国内にも徐々に増え、現在では大手百貨店でエルメスのお店をよく見かけるようになっていますね。

 

エルメスの日本での発展を目の当たりにできています。

 

 

エルメスの代表的な商品は?
  • ケリーバッグ

ケリーバッグは1935年にエルメスが発売した女性用のハンドバッグです。カバン部分は台形型、フタは被せる形になっており、フタにはカギが付いているのが特徴。

える

 

もともと馬具専門店だったエルメスらしく、サドルバッグを女性用ハンドバッグに改良したのがきっかけです。

 

このバッグはモナコ王妃グレース・ケリーも使っていたことで有名(*^^)vモナコ王妃が妊娠中だった時、パパラッチを避けるためにとっさにこのバッグでお腹を隠したことで一躍有名になったバッグです。

 

発売当時は「サック・ア・クロア」という名前で販売されていましたが、この出来事をきっかけにモナコ王妃の了解を得て「ケリーバッグ」と改名されたという歴史を持っています。

 

ケリーバッグはもともとエルメスのオリジナル商品でしたが、あまりの人気により、のちにいろいろなブランドがケリーバッグを真似た商品を作るようになりました。ケリーバッグは現代でも人気のある、知的でエレガントなハンドバッグです。

 

  • バーキン

1984年発売の、四角くて大き目のマチがあり、ものの出し入れがしやすいバッグ。

 

エルメスの社長が飛行機でたまたま隣り合わせになったのが、イギリス出身の歌手ジェーン・バーキン。

 

彼女が適当なカゴにものをすべて詰め込んでいるのを見、整理しないで何でも入れられるバッグをプレゼントしたい、と申し出たのがきっかけで生まれたバッグです。

 

このように、エルメスのバッグは最初の所有者の名前が付けられているものが多いのが特徴です。

 

上記以外にも、「エル」や「マレット・タナカ」などのバッグも、発注者の名前が由来となっていますよ。

 

  • フールトゥとエールライン

フールトゥは一見するとカジュアルな普通のバッグ。ブランド感がないのでさりげなく身に付けることができます。しかし、れっきとしたエルメスのバッグ。

 

その頑丈さには定評があります。また、エルメスらしく、ものの出し入れがしやすく、たくさん入るのが特徴です。女性も使えますが、特に男性に人気です。

 

フールトゥのサイズは3種類。カラーのバリエーションも豊富です。用途や好みによって使い分けられます。

 

フールトゥとよく似た商品でエールラインというバッグがあります。大変似ているのですが、エールラインの方がシックで落ち着いた印象があります。ただし、残念なことにエールラインの方は現在すでに生産されていません。

 

現在生産されていないエールラインは、エルメスのファンが欲しがるアイテム。もしもお手元に使っていないエールラインがあるなら、彼らのためにも買取に出してあげましょう。

 

エルメスは、バッグ以外にも財布、スカーフが人気。以下でそれぞれの人気商品についてみていきましょう♪

 

 

エルメスの人気の財布は?

ベアンスフレ

エルメスの定番財布ということのできるアイテム。マチは1cmで、ちょうどお札が100枚入るサイズです。コイン、カードが楽に出し入れできる設計。

 

カラーはブラック。オーソドックスでどんな場面にもしっくりと似合い、飽きのこないカラーです。

 

エルメス特有の凹凸のある素材を使用しているので、キズが付きにくく、多少キズがついたり汚れたりしても目立ちません。

 

アザップ ロング

本格レザーの財布。人気のラウンドファスナー付きで、お金を楽に出し入れできます。

 

こちらもエルメス特有の細かい凹凸のある素材なので、キズや汚れに強いという長所があります。

 

Silk'In 長財布ラウンドファスナー小銭入れ付き

Silk'In というくらい肌触りのよい財布です。横長でチャック付き。お金やものが出し入れしやすい仕様になっています。

 

内側にはお札入れ、小銭入れ以外にもカードポケットが12個も。レシートや身分証明書など、なんでも収納できてしまう便利なお財布です。

 

 

エルメスの人気のスカーフは?

スカーフをさりげなく使える女性はすてきです。ここでは、エルメスの人気スカーフをご紹介します。

 

ここでご紹介するスカーフは大変人気が高いので、買取では高く売れる可能性が高いです。チェックしておきましょう(^_-)-☆

 

トゥイリートゥイル

幅5センチ、長さ86センチの長細いスカーフ。モール・エ・グルメット・リミックスの柄で、カラーはオレンジ×サーモン×カナドです。

 

紺やベージュのワンピースにアクセントとして合わせるとすてき。一気にオシャレ度がアップします。

 

ショール カレ 140 ""Paperoles""

素材はカシミヤ70%、シルク30%。最高に肌触りのよいスカーフです。カラーはルージュとオレンジで鮮やかなデザイン。

 

サイズは140cmととても大きいので、ショールとして使うととてもゴージャスになります。

 

 

スカーフはファッションのアクセントとしても便利に使えますが、肌寒いときに一枚持っているととても便利です♪

 

暑い夏でも、映画館や喫茶店など、クーラーが効きすぎていて寒いときがありますね。そんなときは大き目のスカーフがあると助かります。

 

エルメスのカシミヤ・シルクのスカーフは、小さくたためる割に温かく体を守ってくれる頼もしい存在ですよ☆

 

いかがだったでしょうか?ここでは、エルメスの歴史や代表的な商品、人気アイテムなどについてご紹介しました。

 

人気アイテムは買取で高値がつく可能性が高いです。また、現在生産していないレアな商品も、買取で高値がつくことでしょう。

 

ご自宅に、使用していないエルメスのアイテムがあるなら、これを機に買取に出してみるのはいかがでしょうか?